不倫のメリットはどういうもの?不倫をした人が実際に感じるメリットとは

不倫はメリットがあると思うため、男性は不倫をする場合が多いでしょう。デメリットしかないと思っているのに、不倫をする人はほとんどいません。ではそのメリットはどのようなもの?

 

自信が持てる

不倫をすることで自信が得られる男性は多いです。自分も立派に男性として見てもらえたという思いが、自信につながるのでしょう。普段家では男性扱いされず、都合よく扱われる時も。

でも結婚したのだから仕方がない…と割り切って諦めている男性もいるでしょう。ところが心の奥では自分も一人の男として見てほしい…という思いがあるのです。その思いを満たしてくれるのが不倫という場合もあるでしょう。

自分にとって、まさかこんなに自信につながるなんて!と思うぐらいに不倫により自信を取り戻せる場合もあります。自信が持てなかったのが嘘のように、不倫が自分に自信をくれたため、これを不倫のメリットだと思い何度も繰り返すようなケースもあるでしょう。

 

楽しい時間が持てる

既婚者の場合は、家庭と職場の往復だけの場合が多いですよね。でも不倫をしたことで楽しい時間を得られるのです。その時間はとても充実していて癒されるもの。まさかこんなに幸せな時間が得られるなんて…と感動するかもしれません。

これも不倫のメリットと言えるでしょう。楽しい時間だけにすぐに終わりは来るかもしれません。でもこのひとときだけでもいいので、一緒に過ごして楽しい時間を過ごしたい…と思う男性は多いのです。

刹那的な思いもあるかもしれませんが、それでも得られるメリットの方が多いので、不倫相手と別れられずにいる男性もいるでしょう。

 

心の支えになる

普段自分にとって心の支えになるのは家族…というのが理想的です。でもそうもいかないケースもあるでしょう。こういう時に不倫をしている相手が自分の心の支えになる場合も。

自分にとって支えてくれる存在を必要だと強く思う男性にとって、こういう女性が近くにいてくれたら…と思い、声をかける場合もあるでしょう。それがきっかけになり不倫が始まるパターンも。

女性としても、自分が心の支えになれるのなら…と母性本能がはたらいて不倫をOKするかもしれません。放っておいても大丈夫と思える男性よりも、私がいないとダメになりそうと思える男性の方が、女性から見て魅力的なのです。

そしてこういう男性となら、不倫にはなるけれど付き合ってもいいかな…と思うもの。自分を必要としてくれていると感じると、女性はとても嬉しいですよね。これは男性にも言えることです。

不倫相手と別れようとしても「私にはあなたが必要なの!」と言われてしまうと、別れられなくなるのは、よくあることですよね。

 

女性心理に詳しくなれる

妻の気持ちが分からなくて悩んでいたけれど、不倫相手とのやりとりで妻の心理が分かることもあります。これにより夫婦関係がうまくいく場合もあるでしょう。まさか不倫がきっかけで、妻と仲良くなれるなんて思っていない男性は多いはず。

でも不倫相手とのやりとりのおかげで、妻とも良い関係を築けるようなこともあるのです。これも不倫をすることもメリットと言えるでしょう。でも気を付けたいのは、不倫相手に夢中になりすぎると妻に対して丁寧に接することが出来ませんので、出来るだけ妻にも優しく穏やかに接するように心がけましょう。

日々が新鮮なものになる

不倫をすると、今までの日常が大きく変わります。そしてとても新鮮なものなるでしょう。退屈でつまらない日々だと思っていた一日が、不倫をすることでそうではなくなるのです。

この新鮮さを求めて不倫をする人もいるでしょう。新鮮さと共に刺激を得られるのも不倫のメリット。不倫をした人だけが知るような刺激を得られます。これは一度経験するととても興味深く、離すのが惜しい…と思ってしまうことかもしれません。

でも不倫をしたことにより日々が大きく変わり、自分自身も良い意味で変われるような気持ちになるのは不思議ですよね。罪悪感はあるはずなのに、それよりも不倫が与えてくれるメリットの方が大きいので、不倫をやめられない男性は多いでしょう。

 

不倫をしたことが自慢になる

真面目な男性としか思われていない男性が、久しぶりに仲間と集まった時に不倫をしている話をすると、皆が驚くでしょう。そして不倫は男の甲斐性かも…と他の男性は思うのです。

そのため、不倫をしたことが自慢になる場合もあるでしょう。自慢をしたつもりはなくても、不倫をしていると言っただけで、これが自慢になるのは男性としては嬉しいことだと感じるのではないでしょうか。

 

まとめ

不倫のメリットは不倫をする前からも分かるものですが、不倫をしたことでよりはっきりと分かってくるもの。不倫のメリットを感じると、不倫をやめられなくなるのは当然とも言えるかもしれません。

自分にとって満たされた生活がしたい!と思うからこそ踏み込んでしまう道なのでしょう。