LINEで恋愛を更に楽しいものにするコツ

LINEで恋愛を楽しいものにするには、少しのコツが要ります。でもそんなに難しいものではないので、気楽に考える時も必要に。ではどうすればLINEで恋愛が楽しくなるかについて、伝えていきましょう。

 

スタンプをプレゼントする

相手に、スタンプをプレゼントすると相手とお揃いのスタンプを持つことも可能に。相手と同じ種類のスタンプのやりとりをしているうちに、なんだか親近感がわく場合もあるのです。

あまり頻繁にプレゼントすると価値が無くなってしまいますので、たまにプレゼントするようにしましょう。相手からもお返しのプレゼントをもらえる場合もあります。その時には感謝の気持ちをしっかり伝えて、時には使うようにしましょう。

「このスタンプとても気に入りました!ありがとう」とスタンプとともにメッセージをすれば、二人の距離は近くなるでしょう。

 

画像を見ながら話す

時には相手と画像を見ながら話すのもいいですね。でも女性の場合はノーメイクの時は避けたいと思うもの。そして自分がどう映るのかをとても気にするでしょう。

男性としては「こうやって見ても、とても可愛いね!」と言ってあげるようにしましょう。やりとりが長く続いた後で言うのではなくて、相手の映像を観たらすぐに言いようにすると効果的。

相手も「〇〇くんもかっこいいよ」と笑顔で言ってくれるかもしれません。映像でやりとりをすることで、普通に話すよりもとても近く感じるものですから、たまにはこういうLINEの使い方もいいですね。

 

グループチャットをする

グループでのやりとりも楽しいものです。時に最初はグループだったというようなカップルもいるでしょう。

そういう時にはグループチャットでの皆とのやりとりも楽しみましょう。ここでカップルだからと言ってあまりベタベタしないようにしたいですね。周りの人が気を使ってしまい楽しい気持ちではなくなってしまいます。

グループチャットでも楽しみながら、二人きりのチャットも楽しめればLINEを思い切り満喫していることになりますので、二人にとってこのやりとりは欠かせないものになるでしょう。

絵文字を駆使する

時には絵文字を駆使してみるのもいいですね。でも社会人であまり絵文字を駆使すると、とても暇な人のように思われてしまい逆効果ですから、たまにマークを入れる程度にしましょう。

表情の絵文字を入れることで、自分の感情をうまく表現できます。この表現が出来れば、相手とのやりとりもより楽しいものになるでしょう。文章だけではお互いの気持ちが通じ合いにくい場合でも、この絵文字があれば相手が淋しく感じているのか、少し怒っているのかなどが、とても分かりやすいのです。ぜひ活用してみましょう。

 

送る時間は配慮する

LINEは音が鳴る設定にしている人や寝る時にスマホを枕元に置く人も多いです。そのため送る時間には配慮しましょう。自分が眠れないからと言って日記のようにしてLINEをしてしまうと、相手の迷惑になります。

相手がリラックスして穏やかな気持ちでいる時にメッセージをすれば、相手も機嫌よく返してくれるでしょう。そして時間の配慮をしてくれる人だなと思い、嬉しい気持ちになるのです。

自分の好きな時間に深夜でもどんどんLINEしてくるようでは、ブロックされる可能性もあるので、気を付けるようにしましょう。

 

まとめ

LINEで恋愛をもっと楽しいものにするのは可能です。LINEのやりとりだけで、相手を虜に出来る場合も。自分は器用じゃないから…と諦めてしまわずに、LINEでのやりとりを楽しむようにしましょう。

自分が楽しむことで、相手にそれが伝わり相手も楽しい気持ちになる場合もあるのです。まずは自分がLINEでのやりとりを、思い切り楽しむようにしてみましょう。