好きな人にアプローチをしたい!と思った時に男性がするべき行動

好きな人にアプローチがしたい!と思った時、男性はどのような行動をするべきなのでしょうか。その行動の仕方についてお伝えしていきますので参考にしてみてくださいね。

 

連絡を多くする

連絡を段々と多くしていくのもひとつの方法です。でもあまり多すぎると返信に困り相手が迷惑に感じることも。ゆっくりと連絡の量を増やしていき、相手の様子を見てみましょう。

その連絡の中に、自分が脈ありのようなメッセージを入れるようにしたいですね。連絡が増えてきた時点で、女性としてはなんとなく男性の気持ちに気が付くもの。これに加えて更にメッセージで伝えるようにすれば、うまくアプローチできるでしょう。

でもここでのメッセージでは出来るだけさりげないものに。あまりストレート過ぎると相手が対応に困り返信が来なくなる可能性もあるでしょう。

 

相手に優しくする

相手に対して思いやりの言葉をかけるようにしましょう。毎日会えるような関係なら「元気?調子どう?」のようにして普段から気にかけていることをアピールしてみましょう。

女性としては、普段からこのように気にかけてくれている相手がいると嬉しいと感じる場合も。好きな人や彼氏がいたとしても、身近で自分を気にかけてくれる人の方に心が揺れる場合もあるのです。

そのため、相手に出来るだけ優しくして声をかけるようにしましょう。声をかける時には、からかうのではなくて、思いやりを込めるようにするといいですね。

 

恋愛相談をする

相手に恋愛相談をしてみると、「私に脈ありかと思っていたのに…」と女性はなんともいえない気持ちになります。自分のことを好きだと勘違いしていたことを、少し恥ずかしいと感じるでしょう。

でも恋愛相談の内容を聞いていると、やっぱり脈ありのような…と思い女性としては戸惑います。この戸惑いの気持ちを与えるのがとても大切に。こういう思いをさせることで、女性はいつの間にか心の中にその男性の存在が大きくなっていくのを感じるでしょう。

今まであまり気にしていなかった相手のはずなのに、なんだか気になる…と思ってもらえるようになるのです。

 

明るく笑顔で接する

男性は好きな人の前では自然になれるもの。この自然な笑顔が女性から見るとまぶしく輝いているように見える時も。そして明るく笑顔で接してくれれば、女性としてはやりとりがしやすいと感じるでしょう。

やりとりがしやすく近寄りやすい存在だと思えば、女性の中での恋愛相手の候補になれる確率が高いのです。女性としては自分が好きで追う恋愛をしてみたい気持ちもありますが、自分を慕ってくれる存在も愛しいと思うもの。

しかもこれが無償の愛のようにして慕ってくれていると感じると、相手の思いに応えたくなります。「〇〇ちゃんが幸せならそれでいいんだ」と相手の女性の幸せを願うような言葉を言うと、女性の心に響くでしょう。

口下手アピールをする

わざと口下手なところをアピールするのもひとつの方法です。口下手な男性はうまく女性にアプローチできないもの。でもそれが可愛いと感じる女性もいるのです。わざと「俺は口下手だから…」と女性の前で言うようにすると、女性はキュンとなるもの。

私が支えてあげたいと女性が思う場合が多いのです。口下手をアピールしておくと、女性もそれが理解してくれるでしょう。後から口下手なのが分かると女性は対応に困るかもしれません。

そのため、先に口下手なのをアピールしてこれをアプローチにしてみましょう。こういうアプローチの方法もあると自分で思い、さりげなく相手とやりとりをしていくうちに、女性はもっとこの人のことを知りたい!と思うのです。

 

感謝の気持ちを伝える

女性に対して感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。特に女性が何かをしてくれたわけではないくても、例えば「〇〇ちゃんの優しい言葉のおかげで頑張れるよ。ありがとう!」と爽やかに言ってみましょう。

たいしたことを言われていなくても、それについてとても感謝をしていて自分の励みになると伝えれば、女性は「自分も人の役に立てるんだ」と思い自信を持てるのです。そして、自信を持たせてくれた男性に対して、ありがたい気持ちになるでしょう。

純粋に感謝の気持ちを伝えてくれた男性に対して、これからもっと出来ることをしてあげたいと思う気持ち。

 

まとめ

好きな人にアプローチをする時には、あまり分かりやすい表現ではなくてさりげない方がいいでしょう。好きなのかなんとも思われていないのかどっちなんだろう…と思うことで、女性としては、ドキドキしてくるのです。

このドキドキを与えられれば、うまく女性にアプローチできていることになるでしょう。女性にアプローチが苦手と思っても、思い切ってさりげなく接してみましょう。接する機会が増えれば増えるほど、相手との距離も近くなります。せっかくのチャンスを逃さないように相手の反応を見ながら、仲良くなっていくようにしましょう。